Japanese Page 1

ੴ ਸਤਿ ਨਾਮੁ ਕਰਤਾ ਪੁਰਖੁ ਨਿਰਭਉ ਨਿਰਵੈਰੁ ਅਕਾਲ ਮੂਰਤਿ ਅਜੂਨੀ ਸੈਭੰ ਗੁਰ ਪ੍ਰਸਾਦਿ ॥
先祖は創造の創造主である「存在する者」という名前を持ち、その性質は時間を超えた敵意(ニルバヤ)を欠いている(肉体は破壊されない精神)、その光はそれ自体からであり、それはサツグルの恵みから来ています

॥ ਜਪੁ ॥
詠む。(また、グルの声のタイトルであると考えられています。)

ਆਦਿ ਸਚੁ ਜੁਗਾਦਿ ਸਚੁ ॥
ニランカル(アカル・プルシャ)は、創造の創造の前の真実であり、時代の初めでさえ真実(形)でした

ਹੈ ਭੀ ਸਚੁ ਨਾਨਕ ਹੋਸੀ ਭੀ ਸਚੁ ॥੧॥
今にも存在し、シュリ・グル・ナナク・デヴ・ジは、将来的にはニランカルもニランカルの同じ真の形になると言います

ਸੋਚੈ ਸੋਚਿ ਨ ਹੋਵਈ ਜੇ ਸੋਚੀ ਲਖ ਵਾਰ ॥
たとえ100万回も除菌しても、この体の外湯は心を聖化することはできません。心の純粋さがなければ、神(ワヒグル)を考えることさえできない

ਚੁਪੈ ਚੁਪ ਨ ਹੋਵਈ ਜੇ ਲਾਇ ਰਹਾ ਲਿਵ ਤਾਰ ॥
集中したサマディを入れて口で沈黙を観察しても、心の安らぎは達成できない(沈黙)。偽の障害が心から出てくるまで

ਭੁਖਿਆ ਭੁਖ ਨ ਉਤਰੀ ਜੇ ਬੰਨਾ ਪੁਰੀਆ ਭਾਰ ॥
もちろん、たとえ世界のすべてのピューリの物質を取っても、胃から空腹を保つ(断食などによって)、この心の飢餓を消し止めることはできません

ਸਹਸ ਸਿਆਣਪਾ ਲਖ ਹੋਹਿ ਤ ਇਕ ਨ ਚਲੈ ਨਾਲਿ ॥
たとえ何千もの巧妙な考えを持っていても、これらのすべてが利己的であることは、神に到達するのに役立つことはありません

ਕਿਵ ਸਚਿਆਰਾ ਹੋਈਐ ਕਿਵ ਕੂੜੈ ਤੁਟੈ ਪਾਲਿ ॥
今、神の前で真理の光をどのように作ることができるのか、私たちとニランカルの間の虚偽の壁はどのように壊すことができるのかという疑問が生じます

ਹੁਕਮਿ ਰਜਾਈ ਚਲਣਾ ਨਾਨਕ ਲਿਖਿਆ ਨਾਲਿ ॥੧॥
真の形になる方法を説明すると、シュリ・グル・ナナク・デヴ・ジは言う:「それは創造の初めから書かれて、神の命令に従うことによってのみ、世の中がこれをすべて行うことができます

ਹੁਕਮੀ ਹੋਵਨਿ ਆਕਾਰ ਹੁਕਮੁ ਨ ਕਹਿਆ ਜਾਈ ॥
(創造の創造の中で)すべての体は(ニランカルの)秩序によって作成されますが、彼の命令は彼の口から言葉を取り出すことによって記述することはできません

ਹੁਕਮੀ ਹੋਵਨਿ ਜੀਅ ਹੁਕਮਿ ਮਿਲੈ ਵਡਿਆਈ ॥
神の命令によって(この床に)多くの膣が生き物によって作成され、名誉(または高低の位置)が得られるのは、神の命令によってです

ਹੁਕਮੀ ਉਤਮੁ ਨੀਚੁ ਹੁਕਮਿ ਲਿਖਿ ਦੁਖ ਸੁਖ ਪਾਈਅਹਿ ॥
神の命令(ワヒグル)によって、生き物が最高の、または低い人生を達成し、神によって書かれた命令によって、生きがつは幸福と悲しみを感じます

ਇਕਨਾ ਹੁਕਮੀ ਬਖਸੀਸ ਇਕਿ ਹੁਕਮੀ ਸਦਾ ਭਵਾਈਅਹਿ ॥
多くの存在が恵みを得ることは神の命令を通じてであり、多くは神の命令によって交通のサイクルに閉じ込められています

ਹੁਕਮੈ ਅੰਦਰਿ ਸਭੁ ਕੋ ਬਾਹਰਿ ਹੁਕਮ ਨ ਕੋਇ ॥
神の下に全て残っている、その最高の力、神の外の世界の仕事はありません

ਨਾਨਕ ਹੁਕਮੈ ਜੇ ਬੁਝੈ ਤ ਹਉਮੈ ਕਹੈ ਨ ਕੋਇ ॥੨॥
ああ、ナナック!もし生き物が飢饉の男の命令を喜んで知っていれば、誰も「私」の手に渡らないでしょう。このエゴイズムは、世の中にふける生き物がニランカルに近づくのを許しません。2

ਗਾਵੈ ਕੋ ਤਾਣੁ ਹੋਵੈ ਕਿਸੈ ਤਾਣੁ ॥
霊的な力を持っている人は(神の恵みによって)彼の(全能の)力の賛美を歌うことができます

ਗਾਵੈ ਕੋ ਦਾਤਿ ਜਾਣੈ ਨੀਸਾਣੁ ॥
一つは、彼が与えた祝福を彼の恵みとして扱うことによって、彼の栄光を賞賛しています

ਗਾਵੈ ਕੋ ਗੁਣ ਵਡਿਆਈਆ ਚਾਰ ॥
誰かが彼らの資質と栄光を歌っています。

ਗਾਵੈ ਕੋ ਵਿਦਿਆ ਵਿਖਮੁ ਵੀਚਾਰੁ ॥
誰かが知識を通して自分の考えを知っている。

ਗਾਵੈ ਕੋ ਸਾਜਿ ਕਰੇ ਤਨੁ ਖੇਹ ॥
誰かが神、創造主、駆逐艦の形を知って彼を賞賛します

ਗਾਵੈ ਕੋ ਜੀਅ ਲੈ ਫਿਰਿ ਦੇਹ ॥
誰かが彼女が究極の力に命を与え、それを取り戻すような方法でそれを記述します

ਗਾਵੈ ਕੋ ਜਾਪੈ ਦਿਸੈ ਦੂਰਿ ॥
生物は、それがそれ自体から遠いことを知って、そのニランカルの賞賛を歌います